--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2012.02.16 (Thu)

夫の不倫相手に腎臓を提供された妻―トルコ

120216d.jpgHurriyet Daily News(トルコ)
腎不全で透析治療をうけている妻に、最もありそうもない相手、夫の不倫相手が腎臓を提供するというできごとがありました。

腎臓を提供されたのは、中央アナトリアのネヴシェヒルに住むメリハ・アヴジェ(34)で、夫のメフメト・アヴジェとは18歳のときに結婚しました。
ところが結婚して4年目に腎不全だと診断されたメリハは、以来週3回、1回4時間もの透析治療を受け続けなければならなくなったのです。

メフメトが不倫相手のアイセイ・イムダッツと知り合ったのは、妻メリハを病院に送迎する間だったといいます。イムダッツに惚れ込んだメフメトは彼女を母親の家に住まわせ、まわりには息子のベビーシッターだと説明していたそうです。しかし情事はやがて妻メリハの知るところとなり、メリハは夫に向かって「どうせあたしが死んだら2人は結婚するんでしょ」と罵ったこともあったといいます。

治療をうけるため、イスタンブールに旅立つプランを練った際、イムダッツは自分の腎臓を提供することを提案しました。2人の血液型は同じで、イムダッツは以前に血液をも提供したことがあったそうです。

手術は無事終わり、メリハは「あたしたちは夫をシェアしてる、そして今回腎臓もシェアすることになったの」と喜びを語り、イムダッツは手術後も、メリハの介護に当たることを約束したということです。

Weird News | (17) comment  EDIT

Comment

肝臓・旦那をシェアする。素敵なコトだ。
mama | 129013 | 2012年02月16日 17:03 | URL 【編集する】

へぇ~ 1Get
裸族のひと | 129014 | 2012年02月16日 17:08 | URL 【編集する】

なんか かっこいい話だ
 
トルコ人は義理堅い
裸族のひと | 129017 | 2012年02月16日 17:51 | URL 【編集する】

妻公認の不倫相手が居るとは!
羨ましい。
red303 | 129018 | 2012年02月16日 17:54 | URL 【編集する】

オチはモスレムは3人まで妻を持つ事が許される。だな
歓喜天 | 129031 | 2012年02月16日 21:48 | URL 【編集する】

トルコは、イスラム教の国でしょう?

イスラムが一夫多妻に否定的でないのは、昔、戦争で夫を亡くして生きるすべのない女性を養ってやるためだったと聞くが、その受け皿があるからかもしれませんが、提供する女性も受ける女性も、大きな愛が心にあるのでしょう。前世思想的にみれば、この3人は、親子だったり、夫婦だったりしたことが何度かあるんでしょう。。。ま、平和にお互い過ごせれば、良しとしましょうw
永遠のギター小僧 | 129034 | 2012年02月16日 22:04 | URL 【編集する】

親族でも適合する可能性が低いコト考えたら奇跡的な話。
・・・旦那さんにとっては悪夢だろうが。
裸族のひと | 129037 | 2012年02月16日 22:15 | URL 【編集する】

タイトルみた時点で、また内臓を奪い取っただの、恐ろしい事件かと思ったがそうでもないみたいだな。
最近TV絶ちしてからは主な情報ソースがHEAVENととツレの胡散臭い話のみになってしまった。
とんでもない世界に生きているよ。
童貞〜怒りの脱出〜 | 129041 | 2012年02月16日 22:33 | URL 【編集する】

奥さんに腎臓を提供しようと思えた愛人もなんだか凄いなぁ
jyo-ken | 129042 | 2012年02月16日 22:38 | URL 【編集する】

同じ男が好きで体質もあうのだから、最高に気が合うかもしれないね。
あとは、旦那がさらに浮気しないことを願うばかり。
裸族のひと | 129049 | 2012年02月16日 23:52 | URL 【編集する】

妾は盆暮れには本妻のところへ挨拶に行く
という時代もあったらしいじゃん日本にも。
でも腎臓までは無理でしょう。
そうしてみると
このお妾さんほんとにいい人なのかもね
赤 | 129059 | 2012年02月17日 00:41 | URL 【編集する】

一夫多妻でみんな家族。

そう考えれば幸せな家庭ってことで収まるわよね。

腎臓移植で強い拒否反応が出ませんように。
いつまでもお幸せに。
タナトス | 129071 | 2012年02月17日 04:49 | URL 【編集する】

お互いが納得出来て、良い話。
リュイ | 129086 | 2012年02月17日 13:27 | URL 【編集する】

イムダッツ、出来た女性だ。
そういうところに惚れたんだって、メフメトさんは言うだろう。
ね、私もイムダッツならしょうがないかっていう気持ちになったのって、メリハさんは言うだろう。

お母さん、息子さんも含めて、みなさんで幸せになれたらいいね。
朴念仁パンダ | 129101 | 2012年02月17日 17:22 | URL 【編集する】

ん~
なんだかなぁ、
いい人なんだろうけどなぁ。
恋愛も大変だなぁ
qtyam | 129226 | 2012年02月19日 01:38 | URL 【編集する】

「ブラックジャックによろしく」
という漫画で、似たような話が取り上げられている。
腎不全で苦しむ異性の友人に、自らの腎臓をあげようとする男と
それを快く思わない男の恋人。
さらに、慣例に従うと他人同士での腎移植はできない
という日本医療の闇の部分がそれを許さない。
腎移植を可能にするために、戸籍上と言えど友人と結婚しようとする男。

いろいろと考えさせられる作品。
名無しさん@ニュース2ちゃん | 129246 | 2012年02月19日 15:27 | URL 【編集する】

まんま「ブラックジャックによろしく」ですねwww
あれ結局主人公から腎臓提供された美人看護婦さんは昔の同級生とくっついて、あれだけ愛し合っていた主人公と彼女は結局わかれ彼女は他の男とくっついて、最後で動物実験している主人公が少しばかり鬱に見えてしまいましたw
ラストの動物実験を阻止しようと入ってくる人を完全に基地外みたいに書き上げ(まああそこまでする人は基地外ですが)、動物実験は正当みたいに書かれたのは自分的にはかなり残念でしたが。
人間にとって必要で正当(やもなき)な実験もあれば、同じ生き物としてあきらかに一線を越えた過剰な実験も数多くあるだけに。


裸族のひと | 129589 | 2012年02月23日 07:03 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |