--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2012.06.25 (Mon)

海南文昌鶏―口当たりをよくするための「性転換」手術 (6p)

120625c1.jpg

東山羊、加積鴨、和楽蟹と並んで、海南四大料理のひとつとされる文昌鶏。
画像はその産地である文昌市重興鎮の飼育地で行われている地鶏の性転換作業の様子。

一連の工程で雌鳥でもなく雄鳥でもなくなった鶏は、羽毛が赤くなり、鶏冠が肥え、肢に距(けづめ)が生えるなどの変化をし、より美味となるということです。

120625c2.jpg
120625c3.jpg
120625c4.jpg
120625c5.jpg
120625c6.jpg
120625c7.jpg

Pics | (29) comment  EDIT

Comment

いっちばん!
タナトス | 138678 | 2012年06月25日 18:44 | URL 【編集する】

さてと

ここまで来たらホント我侭以外の何物でもないわね。

マグロのお寿司。
赤みには赤みの良さがあり、トロにはトロの良さがある。
ヅケにはヅケの良さがあり、炙りには炙りの良さがある。


態々手間をかけて性転換、っていうより卵巣摘出?
我侭でなければ、性の否定にしか思えない。
タナトス | 138680 | 2012年06月25日 18:49 | URL 【編集する】

まあしょうがないおね

フォアグラの工場みたことあるけど

アヒルめっちゃ可哀想だった
ベーゼクト | 138683 | 2012年06月25日 19:03 | URL 【編集する】

初一桁
裸族のひと | 138688 | 2012年06月25日 19:15 | URL 【編集する】

雄ひよこは生きたままミンチにされるのに
ところ変わればですね
山田@かなこぉ↑↑ | 138689 | 2012年06月25日 19:24 | URL 【編集する】

エストロゲンの投与とかではないので良いのではないかと思う。牛や豚でも肉に匂いがつくのを嫌って睾丸を摘出したりするのだから。
歓喜天 | 138692 | 2012年06月25日 19:40 | URL 【編集する】

生産者だって高く売れるほうがうれしい
裸族のひと | 138696 | 2012年06月25日 19:59 | URL 【編集する】

前に鎖骨粉砕骨折して初めての手術で
全身麻酔と聞いて安心していた

意識あるのにさくっと切られオイラは「いったいぎゃー」と悲鳴
医師は看護師に麻酔は?との会話のうちに意識無くなったが!
あの痛みは最高に痛い
鳥さんも痛いと思う
なんとかできないかな
プラグ | 138698 | 2012年06月25日 20:25 | URL 【編集する】

アンタらが普段喰ってるブロイラーも、
さして変わらんがな。
自分の喰ってるもん、よう見てみいな。
どんだけ残酷なん喰ってるか…。

自分の喰うもんぐらい、ちゃんと調べぇな。
に | 138708 | 2012年06月25日 21:38 | URL 【編集する】

何か、痛そうでいやだ。
地球外の人 | 138713 | 2012年06月25日 21:58 | URL 【編集する】

>自分の喰うもんぐらい、ちゃんと調べぇな。

みんなそんなに暇じゃない。
吊 | 138728 | 2012年06月25日 22:54 | URL 【編集する】

しかし、にさんの言うとおりでもある。
ぴろ | 138734 | 2012年06月26日 00:04 | URL 【編集する】

性転換してないと思うが。
去勢か性器摘出じゃね?
裸族のひと | 138738 | 2012年06月26日 01:05 | URL 【編集する】

例の全身の羽が無いやつ思い出した・・・。
げーったーちゃーんす♪ | 138742 | 2012年06月26日 01:56 | URL 【編集する】

んー
食べる物、家畜として飼う時点で、終着点は死なのは避けられないけど
手術?かなり適当な感じだし、、感染症とかで死んでも経営上の不可避な
リスク程度としか思ってない感じだな。
なんだろ、これは、ダメなんじゃないかな。ん~。難しいな
手術ってところに引っかかる。倫理的にこれは、どうなんだろう。
食べる物だとしても、ちょっとなぁ。
家畜に対するるOK、NOのちょうど境目を攻撃された感じだな
qtyam | 138746 | 2012年06月26日 02:04 | URL 【編集する】

だから他国の食文化に口出ししちゃあだめだって
まだそこまで干渉できるほど自国も世界も進んでない
裸族のひと | 138747 | 2012年06月26日 02:10 | URL 【編集する】

活作りはOKでこれがダメとは言えん
誰かがどこかで汚れ仕事やってくれてるんだよ
裸族のひと | 138757 | 2012年06月26日 06:06 | URL 【編集する】

性転換ってか、去勢?
りぃ | 138763 | 2012年06月26日 09:49 | URL 【編集する】

そしてカリフォルニアではフォアグラ禁止
http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/drink/wnews/20120611-OYT8T00198.htm?from=os4
タナトス | 138775 | 2012年06月26日 13:35 | URL 【編集する】

残さず、おいしく食べれば贖罪になるってのは違う気がする

残さず、おいしく食べれば食材になる。
山田@かなこぉ↑↑ | 138785 | 2012年06月26日 15:26 | URL 【編集する】

昔、父方の爺さんが豚飼ってたんだけど
オスは子豚のうちに睾丸取っちゃうんだよね
取った方が肉がやわらかくて旨いと爺さんは言ってた

で、やり方は簡単で、豚小屋行って子豚捕まえて
膝の上でひっくり返してはさみでチョキンって切ってた
切った睾丸は餌に混ぜて食わせてた
切られた豚は最初は「ピギー」って鳴くけど
すぐに他の豚に混ざって餌食ってた
「バカだから喜んで食うんだよ」って爺さん言ってたな
裸族のひと | 138795 | 2012年06月26日 18:15 | URL 【編集する】

人間ですら普通に切り落としてたやつらだからな
裸族のひと | 138813 | 2012年06月26日 20:18 | URL 【編集する】

ただの去勢だよねぇ?
家畜に対する去勢程度ならば、我儘でも何でもなく、ごくごく普通じゃないの?
ましてや『性の否定』なんて、話が明後日の方向に飛びすぎでは?
発想がどっかの活動家みたい…。


話変わって、この間日本でも、自分のを切り落として公開調理して
希望者に食べさせるというイベントを行って警察沙汰になっている人たちがいるね。
自分達の勝手と言えば勝手だけど、海外からは『日本人は…』という目でみられ
かねない事を考えると、ちょっとは控えて欲しいねぇ。
Rust | 138854 | 2012年06月27日 04:32 | URL 【編集する】

餌にホルモン剤混ぜたり、
人口孵化に人工授精、
遺伝子組み替えやクローン技術など
考えてみたら、効率よく喰うためなら
何だってやってるよなあ。

そのうち、巨大腫瘍が霜降り肉の牛や
モモ肉が6本とれるフリークス鶏とか
出てくるんじゃないか?
山田@かなこぉ↑↑ | 138862 | 2012年06月27日 10:32 | URL 【編集する】

Rust さんに同意です。

タイトルは”性転換手術”となってますが、文中は”性転換作業”w
正にその通りで、その感覚で行われているんでしょうねぇ。
当人はココの書き込みを見て”あんれまぁ!”と驚く事でしょう。

138795 さん
全く同じ話を聞いたことがある・・・気がします。
山に囲まれ田畑が広がり家畜を有する環境では
昔よく聞いた事柄ですよね。




sasa | 138875 | 2012年06月27日 13:46 | URL 【編集する】

鶏は日本でも睾丸焼くけど
これは何をしてるんだろう???
豚は切るみたいね。
子豚の時に玉を摘出するけど
その後直ぐに餌を食うという・・・。

牛は知らないな。。。
★maria★ | 138953 | 2012年06月28日 00:50 | URL 【編集する】

私もこれまで飼った犬、猫すべてメスは避妊手術、オスは去勢手術をしたので、この鶏の飼い主のことは何も言える立場にありません。

人間の都合に合わせて生物としての最も大切な機能を奪う。
それにはかなりの葛藤がありましたが、とくに猫の場合、死にかけの野良を拾ったので「あなたの命は私に預けてほしい。その代り、私にできる限り、あなたを幸せにする」と約束して、手術しました。

人間の社会の中で生きる動物たちには、人間による管理は不可避でしょう。
朴念仁パンダ | 139183 | 2012年06月30日 02:27 | URL 【編集する】

鶏にそんな手間かけんのが無駄な気が
ピー汰 | 140119 | 2012年07月07日 13:27 | URL 【編集する】

家に木苺の木があるんだけど
枝に4~7個ぐらい実がなるんだけど
贅沢に1個だけ残すと
とんでもなく大きくて甘い実がなるだよ
それと同じ原理かな?
裸族のひと | 140432 | 2012年07月09日 22:10 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |