2012.05.11 (Fri)

A Woman : From 0 to 37 (46 p)

1975
120511c01.jpg

一連の画像は、米メリーランド州タウソンの写真家、ジャック・ラドクリフが、娘の誕生日から37歳までの半生を記録したもの。

1978
120511c02.jpg

1982
120511c03.jpg

1983
120511c04.jpg

1984
120511c05.jpg

1986
120511c06.jpg
120511c07.jpg
120511c08.jpg

1987
120511c09.jpg
120511c10.jpg
120511c11.jpg
120511c12.jpg

1988
120511c13.jpg
120511c14.jpg
120511c15.jpg

1989
120511c16.jpg
120511c17.jpg

1990
120511c18.jpg

1991
120511c19.jpg
120511c20.jpg
120511c21.jpg
120511c22.jpg
120511c23.jpg
120511c24.jpg
120511c25.jpg

1992
120511c26.jpg

1993
120511c27.jpg

1994
120511c28.jpg
120511c29.jpg
120511c30.jpg
120511c31.jpg
120511c32.jpg

1997
120511c33.jpg

1998
120511c34.jpg

1999
120511c35.jpg
120511c36.jpg

2001
120511c37.jpg
120511c38.jpg
120511c39.jpg
120511c40.jpg
120511c41.jpg

2002
120511c42.jpg

2010
120511c43.jpg
120511c44.jpg

2011

Pics | (26) comment  EDIT

Comment

1
ぽぽぽ | 134124 | 2012年05月12日 00:05 | URL 【編集する】

1ゲト
裸族のひと | 134126 | 2012年05月12日 00:16 | URL 【編集する】

笑顔があまり無いのねー
写真はキレイだと思うけど、なんだろ、それほど面白くないなぁ
彼女の人生の深みがよくわからない
一番印象に残ったのは、「どうして髪切った!(@@;、何があったんだろ」
って事だけだなぁ
qtyam | 134127 | 2012年05月12日 00:28 | URL 【編集する】

時の流れは無常

1990まではよかったのにな。。。
あと2010、急速な劣化を感じた。
裸族のひと | 134128 | 2012年05月12日 00:28 | URL 【編集する】

ほんとに笑顔がないねぇ。
不眠症の猫 | 134130 | 2012年05月12日 00:39 | URL 【編集する】

なんか映画でありそうなややダークな雰囲気を感じる
最後薬をキメた彼氏と二人して、警察に銃乱射されて終わるような
裸族のひと | 134136 | 2012年05月12日 01:13 | URL 【編集する】

う~ん、、、

幸せ感がないよねぇ、、、






生涯を通じて。


裸族のひと | 134141 | 2012年05月12日 01:31 | URL 【編集する】

笑顔で楽しそうな写真ばかりだったら、単なる記念写真でしかなくてかえって面白くないと思うけどね。劣化がどうのとか読み取るところが浅いんじゃないかな。
裸族のひと | 134144 | 2012年05月12日 01:45 | URL 【編集する】

力の無い表情が多いわね。

現在37歳。
カメラマンは何歳かしら?
ずっとではないにしろ、共にここまで来たんでしょうね。
もっともっと表情をとらえてほしい。
できることなら笑顔をお願いするわ。
生気ある笑顔。それがタナトスchanの大好物。
タナトス | 134148 | 2012年05月12日 02:36 | URL 【編集する】

リアルたまちゃんだろ
まるこに出てくるたまちゃんも所構わず写真撮りまくる親父の事が嫌で
写真に写るのは怒ったりうざがってる表情ばかりになってるって話だったし
裸族のひと | 134151 | 2012年05月12日 03:47 | URL 【編集する】

煙草好きなんだね!!
げーったーちゃーんす♪ | 134152 | 2012年05月12日 06:54 | URL 【編集する】

笑顔が無いのは単に父親に成長記録撮られるのが嫌だったんじゃないの
あくまでその瞬間だから
裸族のひと | 134156 | 2012年05月12日 08:04 | URL 【編集する】

スタジオアリスも良いけど・・・

僕はすごく素敵な写真だと感じた。

この写真集をここにアップロードしたセンスも。
旧姓(山田) | 134160 | 2012年05月12日 09:19 | URL 【編集する】

フィリピンなんかに住んでると特に

笑顔なんてない方が遥かに真実味を感じます

私の場合、かなり琴線とか涙腺にグサッときました

連写の中にはきっと笑顔も含まれてたんでしょう
@マニラ | 134168 | 2012年05月12日 10:16 | URL 【編集する】

子供から大人の過程に色々な変化が見られて興味深い
笑顔の写真は少ないものの人生がたのしそうな印象なんだけどな
まさに裸族のひと | 134184 | 2012年05月12日 12:57 | URL 【編集する】

なんか、子供の頃は満更でもない様に取ってたのに
段々嫌気がさしてきたような表情になって来たね
ちゅっちゅ | 134196 | 2012年05月12日 15:45 | URL 【編集する】

彼女の人生の中の些細なターニングポイントが表されている気がする
ただ面白か面白くないかと問われると、面白くはない
裸族のひと | 134204 | 2012年05月12日 17:22 | URL 【編集する】

どの写真を選ぶかで何とでも言えるな
裸族のひと | 134228 | 2012年05月12日 22:00 | URL 【編集する】

写真を見た限り、最初から何かの病気持ちだったのではないでしょうか?
とおりすがり | 134240 | 2012年05月12日 23:15 | URL 【編集する】

女ってつき合う男で人生左右されんだなー。
裸族のひと | 134252 | 2012年05月13日 01:38 | URL 【編集する】

この女性が笑わないわけではないと思う。
もっとすなおに笑う時も、喜怒哀楽をはっきり示すときもあるのだと思う。

でも、このジャックさんが娘のアンニュイな表情が大好きで、娘の人生も憂鬱に満ちた、お洒落なフランス映画みたいなものだと思い込んで、自分の好みに合う表情の娘だけを切り取って演出したものだと思う。

もしかしたら日常生活でも、この人は常にそういうフィルタを通して娘を見て接しているのかもしれない。
自分の理想に適う部分だけを認めて娘の人生を脚色しているのかもしれない。
「お前ってこういうやつだから。お父さんにはわかっているよ」なんて言っているかもしれない。

だとしたら、娘が長じるに連れ、ジャックさんがカメラのレンズを向けるときにどんどん憂鬱な表情になって行くのも道理というものだ。

親が陥りがちな深い闇。
私はそうならないように気を付けなければ。
朴念仁パンダ | 134273 | 2012年05月13日 09:38 | URL 【編集する】

親が思ってるほど子供は子供じゃないよ・・・。
裸族のひと | 134326 | 2012年05月14日 10:48 | URL 【編集する】

アメリカの田舎って感じだな
裸族のひと | 134335 | 2012年05月14日 12:17 | URL 【編集する】

昔NHKの番組でカメラマンの父親が娘の全裸写真を高校生になっても撮り続けてるのが放映されてた。娘も嫌ではないらしく笑った写真ばかりだった。結婚するまで撮り続ける家族の日課らしいけど。つまり服を着て撮るのではなく、裸を撮影し続けてあげればよかったんだと思う。そうすれば笑顔になってたはず。
裸族のひと | 134357 | 2012年05月14日 17:52 | URL 【編集する】

いくらでも悪い方に取れる内容だけど
写真を撮ってるのが親ってことに安心感
踏み外したようにも見えるけど
親の目の届く範囲ならなんとなく安心
ピー汰 | 134392 | 2012年05月14日 23:47 | URL 【編集する】

「写真家」ってだけで、家族写真が「作品」「お金」になるんだから良い商売だよね

プライバシーを切り売りされる娘さん、可哀想・・・
裸族のひと | 134926 | 2012年05月20日 00:46 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |