2013.04.09 (Tue)

母を救おうと強い火勢の中を自宅に戻った13歳の少女―河南南陽


国際在線 (China)
先月17日お昼ごろ、河南省南陽市鄧州に住む13歳の少女、?倩玉は自宅のあるビルの屋上で遊んでいたといいます。
突然の火事。2階にある自宅付近から出火しました。病に倒れた母が寝たきりになっている倩玉は、母を救おうと強い火勢の中を急いで自宅に向かいました。しかし家の中に保管しておいたガソリンに火が移り、倩玉はあっという間に火に包まれました。

体表の95%という広範囲にやけどを負った倩玉は辛うじて助け出されました。そして強靱な少女はこの20日間を奇跡的に生き抜きました。病院に運ばれ、意識を取り戻した倩玉が最初に発した言葉は「お母さんとお父さんはどうなったの?」というものでした。既に家族は亡くなっています。

南陽市南石病院焼傷二科の王主任医師は、これまでに倩玉の治療費、2万数元を立て替えたといいます。

Tags : Medical | Weird_News |

Medical | (43) comment  EDIT

Comment

No title

家族が亡くなってることは、もう伝えてあるのかな……
裸族のひと | 154165 | 2013年04月09日 23:39 | URL 【編集する】

No title

あああああ辛い...かわいそうに...
裸族のひと | 154166 | 2013年04月09日 19:14 | URL 【編集する】

No title

泣いちゃったよ・・・
裸族のひと | 154167 | 2013年04月09日 19:20 | URL 【編集する】

No title

昨日動画を見たけれど、辛かった。
火事は怖いね・・・
おい、親戚かと思うが、素手でさわるなよ。
吊 | 154168 | 2013年04月09日 19:31 | URL 【編集する】

No title

素手で触ったら感染症の恐れが...
裸族のひと | 154169 | 2013年04月09日 19:46 | URL 【編集する】

No title

家族の分まで 頑張って 生きてください
まだ若いので 火傷の痕もきれいになると思います
裸族のひと | 154170 | 2013年04月09日 20:14 | URL 【編集する】

No title

山中教授、皮膚作ってあげて!!!
裸族のひと | 154171 | 2013年04月09日 20:26 | URL 【編集する】

No title

合化繊綿でしょうか、
体に張り付いた下着の残骸。

皮膚の手当てをしようにもこれらを剥さないとできない。
剥してもリンパ液が染み出てくるだろうし・・・

13歳。
恋や未来に夢いっぱいの思春期。

長く辛い治療の日々が続くだろうし。
家族はみんないなくなるし。

鏡を見ても、これまでと同じように、
夢と希望を持ち続けて欲しいです。
タナトス | 154172 | 2013年04月09日 20:30 | URL 【編集する】

No title

20日もっただけで奇跡だが、この状況では残念ながらもう長くは生きられないな。早く家族に会えるといいね・・・
裸族のひと | 154173 | 2013年04月09日 20:40 | URL 【編集する】

No title

自宅にガソリン保管しちゃだめだろう
麻呂 | 154174 | 2013年04月09日 20:45 | URL 【編集する】

No title

これは・・・どうなんだろう・・・
20日間を奇跡的に生き抜いたからって何なんだろう・・・
. | 154175 | 2013年04月09日 21:14 | URL 【編集する】

No title

悲しい
裸族のひと | 154176 | 2013年04月10日 00:46 | URL 【編集する】

No title

これは、辛い。
生きていけるんだろうか。
治療し続ける事ができるんだろうか。
これからだと言うのに、これからいったい彼女は
どう希望を持って生に挑んだらいいんだろうか。
生き延びた事がすごい、どうやって助かったんだろう
数年後も生きていられる可能性はどのくらいあるんだろう。

奇跡がこれからも続き早く良くなることを祈ります。
qtyam | 154177 | 2013年04月10日 00:51 | URL 【編集する】

No title

ダッコちゃん....
裸族のひと | 154178 | 2013年04月10日 01:34 | URL 【編集する】

No title

:mrgreen: :lol: :-D :evil: 8) :oops: :oops: :oops: :oops:
裸族のひと | 154179 | 2013年04月10日 01:44 | URL 【編集する】

No title

こうなると最早はやく死なせてやれって思ってしまうのはおかしいかな
勿論治療行為や治療に当たってるスタッフを否定する訳ではないし、少女自体生きたいって執念で生きてるのかもしれないが
裸族のひと | 154180 | 2013年04月10日 02:12 | URL 【編集する】

No title

デブリードマン・・・・が恐ろしい事になるな・・・と思いつつ。

90%の火傷から回復した例もある。日本とも関係が深い話しを思い出した。
ああこれだ。まだソ連時代の話し。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Ningen/yakedo/sub_yakedo.html

一部分は湿潤療法(?)を始めているようにも見えるが、生き延びたとして治療は、というか退院までの道のりを考えると
ワタシら中年はそこで絶望しそうな気がする。
しかし若さは、無知故に疑問を考える前に苦痛と真正面から立ち向かう。
耐える・・・というのは大人の概念で、子供はそれを一過程にしてしまう強さがある。頑張って欲しい。
地球外のヒト | 154181 | 2013年04月10日 04:35 | URL 【編集する】

No title

聞いているだけで胸が痛くなる話だな、どうか強く生きてほしい
MA | 154182 | 2013年04月10日 10:50 | URL 【編集する】

No title

写真でも分かるとおりだけど、中国の記事でも「全身95%が‘焦げた’」という表現なんだな・・・
たぶん、全身やけどの中でも究極に重症の例だと思う・・・
いつまで頑張れるかはわからないけど、本人の意志は尊重させてやりたいなとは思うよね。
両親が心配な一心で生き延びたのかもしれないし。そういう意味で彼女を失望させたくはないな。
裸族のひと | 154183 | 2013年04月10日 10:59 | URL 【編集する】

No title

できたら今後をHeavenで知ることができればいいずら。
だって、脳みそでてた男の子の記事(死んじゃったけど)がHeavenを
知るきっかけとなったからずらよ。
しん | 154184 | 2013年04月10日 12:33 | URL 【編集する】

No title

私の父は頚椎捻挫で首から下が麻痺。
最近は嚥下もうまくできず、喉のパイプから栄養補給。
小便もパイプで排出。大便は家族が掻き出す。
意識はしっかりしているだけに、本人は苦悩の毎日。
昨日、「俺、何のために生きてるんだろう・・・」とつぶやいた。
かける言葉が見つからない。
そろそろ殺してあげようかと考えている。
本人も私に殺されるのを望んでいるらしい。
こういうとき、どうしたらいいのか・・・
吊 | 154185 | 2013年04月10日 17:29 | URL 【編集する】

No title

:cry: この状態で生かしてあげたいと思うのは偽善なのでは・・・これが生地獄というのでは?
安らかに逝かせてあげることはできないのだろうか・・・
裸族のひと | 154186 | 2013年04月10日 22:37 | URL 【編集する】

No title

いや死ぬでしょこれ
裸族のひと | 154187 | 2013年04月10日 23:23 | URL 【編集する】

No title

安楽死させてやれよ!可哀想に。。。
裸族のひと | 154188 | 2013年04月11日 03:19 | URL 【編集する】

No title

T T
せめて母親が生きていれば
この子自身助けに行ったことを糧に出来るのに・・
裸族のひと | 154189 | 2013年04月11日 14:43 | URL 【編集する】

No title

ですね。生涯母親の存在が支えになっていたでしょうね。
白い巨塔で財前教授が癌を知り、里見先生に言った言葉が思い出されます。
「無念だ・・・」
吊 | 154190 | 2013年04月11日 19:16 | URL 【編集する】

No title

これ死んだ方がマシだよね
助けた家族は全員死にこの先醜い容姿と疼痛がつきまとう
不謹慎といわれようがこのコには地獄しか待ってない
皮膚?元に戻るわけねーだろ…
裸族のひと | 154191 | 2013年04月13日 15:55 | URL 【編集する】

No title

気休めコメントもここまで来ると悪質だね
きれいになるわけないじゃん
裸族のひと | 154192 | 2013年04月13日 15:59 | URL 【編集する】

No title

>「お母さんとお父さんはどうなったの?」
わああああ・・・これは医療スタッフもさぞ答えたくなかったでしょうね・・・
傷は消えないでしょうが激しい炎症は今が山。
はやく治まって、一秒でも早く開放されて欲しい。
今この瞬間も激痛と戦ってるなんて、考えただけで息苦しくなる。
らら | 154193 | 2013年04月13日 19:11 | URL 【編集する】

No title

一瞬、直視するのを躊躇った。何と気の毒なことか。
一日も早い恢復を祈る。

が、これは生きろとか治療を続けるべきとか言いにくいな。生きている方が地獄なんじゃないかと思ってしまう。
Humpty.A.Dumpty | 154194 | 2013年04月13日 22:52 | URL 【編集する】

No title

これだけ娘に慕われていた親もまた深く娘を愛していただろうし
結果がどうあれ決して不幸な人生ではなかったと思いたい
裸族のひと | 154195 | 2013年04月14日 08:24 | URL 【編集する】

No title

これは・・安楽死で家族と再会させたほうが良いんじゃないかと思った。
裸族のひと | 154196 | 2013年04月14日 19:49 | URL 【編集する】

No title

この子の場合、炭化が激しいけど、皮膚の癒着や手足の変形などはないんだね。
違う子の例で、足が焼け落ちたり、口と胸、腕が癒着したなんて例の事故もあったけど医学的にどちらの方が重症なんだろうか
上手く皮膚を取り替えることができたら、五体は満足な気はするが・・・、生き残れるのだろうか・・。
裸族のひと | 154197 | 2013年04月16日 00:27 | URL 【編集する】

No title

峠は越えたという意味なのかな?
あとは皮膚を清潔に保ち、
手術するために体力をつけている状態というのなら
わたしもiSP細胞による治療を受けさせて欲しいと思う。
それ以外の治療では、表情をつくるどころか、
腕や足を曲げることすら自然にはできないのでは。
この子の魂が生き延びることを望んだのだから
新しい幸せがこの子にきてくれればいいな。
  | 154198 | 2013年04月17日 13:17 | URL 【編集する】

No title

じゃあ、いつ死ぬのか?
今でしょう!
裸族のひと | 154199 | 2013年04月20日 02:56 | URL 【編集する】

No title

もうじき死んでしまうだろう少女が体の不自由な母を助けようとして、壮絶に苦しむ人間を見て笑いものににするような言動をする人間って、同じ日本人としても人間としても恥ずかしいし、強い怒りを感じる。
国家間の問題の良し悪しで、あなたは人間の軽重を判別するのか?それともサイコパスなのか?
裸族のひと | 154200 | 2013年04月24日 02:45 | URL 【編集する】

No title

30年振りに中国から泣ける話が届いた
裸族のひと | 154201 | 2013年04月20日 06:08 | URL 【編集する】

No title

看護婦がかわいい
裸族のひと | 154202 | 2013年04月23日 17:51 | URL 【編集する】

No title

神はいないのかっ!!!!
裸族のひと | 154203 | 2013年04月27日 21:13 | URL 【編集する】

No title

5/3のニュースでこのような記事が。亡くなられたようです・・。
ttp://dailynews.sina.com/bg/chn/chnlocal/xinhuanet/20130503/02114508745.html
裸族のひと | 154204 | 2013年05月04日 00:14 | URL 【編集する】

No title

やはり厳しかったですか・・・ご冥福を祈ります
感染症、罹らないはずないですもんね・・・よく頑張ったと思います
お金も工面するようですね
裸族のひと | 154205 | 2013年05月14日 01:05 | URL 【編集する】

生き延びて欲しかった
裸族のひと | 154449 | 2013年06月08日 08:15 | URL 【編集する】

リアル・志々雄真実。゚(゚´Д`゚)゚。
裸族のひと | 158161 | 2013年09月18日 18:57 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |