2012.07.16 (Mon)

more and more (139p)

120716a1l.jpg

120716a02.jpg
-2-
120716a03.jpg
-3-
120716a04.jpg
-4-
120716a05.jpg
-5-
120716a06.jpg
-6-
120716a07.jpg
-7-
120716a08.jpg
-8-
120716a09.jpg
-9-
120716a10.jpg
-10-
120716a11.jpg
-11-
120716a12.jpg
-12-
120716a13.jpg
-13-
120716a14.jpg
-14-
120716a15.jpg
-15-
120716a16.jpg
-16-
120716a17.jpg
-17-
120716a18.jpg
-18-
120716a19.jpg
-19-
120716a20.jpg
-20-
120716a21.jpg
-21-
120716a22.jpg
-22-
120716a23.jpg
-23-
120716a24.jpg
-24-
120716a25.jpg
-25-
120716a26.jpg
-26-
120716a27.jpg
-27-
120716a28.jpg
-28-
120716a29.jpg
-29-
120716a30.jpg
-30-
120716a31.jpg
-31-
120716a32.jpg
-32-
120716a33.jpg
-33-
120716a34.jpg
-34-
120716a35.jpg
-35-
120716a36.jpg
-36-
120716a37.jpg
-37-
120716a38.jpg
-38-
120716a39.jpg
-39-
120716a40.jpg
-40-
120716a41.jpg
-41-
120716a42.jpg
-42-
120716a43.jpg
-43-
120716a44.jpg
-44-
120716a45.jpg
-45-
120716a46.jpg
-46-
120716a47.jpg
-47-
120716a48.jpg
-48-
120716a49.jpg
-49-
120716a50.jpg
-50-
120716a51.jpg
-51-
120716a52.jpg
-52-
120716a53.jpg
-53-
120716a54.jpg
-54-
120716a55.jpg
-55-
120716a56.jpg
-56-
120716a57.jpg
-57-
120716a58.jpg
-58-
120716a59.jpg
-59-
120716a60.jpg
-60-
120716a61.jpg
-61-
120716a62.jpg
-62-
120716a63.jpg
-63-
120716a64.jpg
-64-
120716a65.jpg
-65-
120716a66.jpg
-66-
120716a67.jpg
-67-
120716a68.jpg
-68-
120716a69.jpg
-69-
120716a70.jpg
-70-
120716a71.jpg
-71-
120716a72.jpg
-72-
120716a73.jpg
-73-
120716a74.jpg
-74-
120716a75.jpg
-75-
120716a76.jpg
-76-
120716a77.jpg
-77-
120716a78.jpg
-78-
120716a79.jpg
-79-
120716a80.jpg
-80-
120716a81.jpg
-81-
120716a82.jpg
-82-
120716a83.jpg
-83-
120716a84.jpg
-84-
120716a85.jpg
-85-
120716a86.jpg
-86-
120716a87.jpg
-87-
120716a88.jpg
-88-
120716a89.jpg
-89-
120716a90.jpg
-90-
120716a91.jpg
-91-
120716a92.jpg
-92-
120716a93.jpg
-93-
120716a94.jpg
-94-
120716a95.jpg
-95-
120716a96.jpg
-96-
120716a97.jpg
-97-
120716a98.jpg
-98-
120716a99.jpg
-99-
120716a100.jpg
-100-
120716a101.jpg
-101-
120716a102.jpg
-102-
120716a103.jpg
-103-
120716a104.jpg
-104-
120716a105.jpg
-105-
120716a106.jpg
-106-
120716a107.jpg
-107-
120716a108.jpg
-108-
120716a109.jpg
-109-
120716a110.jpg
-110-
120716a111.jpg
-111-
120716a112.jpg
-112-
120716a113.jpg
-113-
120716a114.jpg
-114-
120716a115.jpg
-115-
120716a116.jpg
-116-
120716a117.jpg
-117-
120716a118.jpg
-118-
120716a119.jpg
-119-
120716a120.jpg
-120-
120716a121.jpg
-121-
120716a122.jpg
-122-
120716a123.jpg
-123-
120716a124.jpg
-124-
120716a125.jpg
-125-
120716a126.jpg
-126-
120716a127.jpg
-127-
120716a128.jpg
-128-
120716a129.jpg
-129-
120716a130.jpg
-130-
120716a131.jpg
-131-
120716a132.jpg
-132-
120716a133.jpg
-133-
120716a134.jpg
-134-
120716a135.jpg
-135-
120716a136.jpg
-136-
120716a137.jpg
-137-
120716a138.jpg
-138-
120716a139.jpg

Pics | (31) comment  EDIT

Comment

お気に入りを一枚選ぶなら54かな
海外で記念写真を撮るとケツを出してこっそり写りこむ
変なやつが結構いて帰国後現像して気づいて大笑い

裸族のひと | 141025 | 2012年07月16日 15:37 | URL 【編集する】

1get
裸族のひと | 141026 | 2012年07月16日 15:43 | URL 【編集する】

1getか?
裸族のひと | 141027 | 2012年07月16日 15:44 | URL 【編集する】

おっつーです。
裸族のひと | 141028 | 2012年07月16日 15:55 | URL 【編集する】

1getじゃないな
裸族のひと | 141029 | 2012年07月16日 16:04 | URL 【編集する】

ここまで記事に関するコメントなし
裸族のひと | 141032 | 2012年07月16日 16:34 | URL 【編集する】

一枚目は草刈に行く(帰る)お爺さんと少女

日常の1コマです^^
(。・(エ)・。) | 141034 | 2012年07月16日 16:37 | URL 【編集する】

-116- ONEQ(オネキュウ)の作品が取り上げられるとは。
歓喜天 | 141039 | 2012年07月16日 16:51 | URL 【編集する】

一枚目は草刈に行く(帰る)お爺さんと少女

日常の1コマやね^^
(。・(エ)・。) | 141042 | 2012年07月16日 16:54 | URL 【編集する】

今回も、最初から最後まで見応えたっぷりでした!
チキータさん、ありがとうございます
(((o(*゚▽゚*)o)))?
のんのん | 141044 | 2012年07月16日 19:02 | URL 【編集する】

14てチャイナ?
フィリップ・アンセルモ | 141046 | 2012年07月16日 19:41 | URL 【編集する】

126
 生きているのかなぁ・・・
裸族のひと | 141051 | 2012年07月16日 21:29 | URL 【編集する】

いやーおもしろい
133孫子の兵法とかなかなかいい趣味
裸族のひと | 141055 | 2012年07月16日 22:51 | URL 【編集する】

130
 誰だろう。クリストファー・ロイドかと思ったけど違うかな。
裸族のひと | 141064 | 2012年07月17日 00:09 | URL 【編集する】

138の違和感のある遠近感・・・・・。
白いテーブルの衝立が斜めカットだからか・・・?
キムちゃんをでかく見せるため?

・・・・・考え過ぎかw
裸族のひと | 141066 | 2012年07月17日 00:42 | URL 【編集する】

(。・(エ)・。) | 141034, 141042 さん

}日常の1コマやね^^

そうだろうか。わたしにはこの写真がとても奇異なものに見えた。
老人が扱うにしてはあまりに長い鎌。そして芝刈りに行くにしては、あまりに華奢な車。

それはそれとして、もしかしたら少女と老人とのこの邂逅は、少女の原風景たり得たのではないかと思った。

成長し、少女はジャンヌ・ダルクと自身をなぞらえる夢を一度ばかりは見たに違いない。
しかしその誇らしき行軍にすれ違う一隊がいる。ふと見れば、あの長い鎌を持った紳士だ。

少女は夢の中で努めて心の平静を保ちながら、息を呑んで一瞥も送らずに、いや送れずにすれ違う。


所詮、文字にしたところで、伝わらないかもね…。
チキータ | 141067 | 2012年07月17日 00:43 | URL 【編集する】

おっぱい縛って、おっぱい出して、スーパーに来てるおばさん……どうしたんだろ。
裸族のひと | 141068 | 2012年07月17日 00:52 | URL 【編集する】

32
 スイカの右側に・・・何物?
クマ | 141070 | 2012年07月17日 01:35 | URL 【編集する】

クマさん | 141070
たしかによく見るまでは奇異なものですね
よくよく見るとかばんの柄・・・のはず、なんて趣味の柄だ
写真を撮った意図は
男性とスイカ2つとキュウリが下ネタな位置関係じゃない?
裸族のひと | 141074 | 2012年07月17日 03:29 | URL 【編集する】

さすがチキータさん!
そんな事を考えて写真選んでるなんてステキ
裸族のひと | 141078 | 2012年07月17日 06:12 | URL 【編集する】

一枚目、
老人が鎌を持っているか否かで随分雰囲気が変わって見える写真ですね。

門の中に現代の車体デザインに近い自転車にゴシック調の服(編み上げロングブーツまで履いてるよw)
を着た少女。
方や100年以上前のデザインの自転車に乗った老人が門の外に出て行く。
例えば、”世代の入れ替わりを象徴した写真”くらいかなって所に、老人が鎌を持っているもんだから
素人目にゴシックホラー系になっちゃう。

普通にオシャレな写真なのですが私の場合、写ってない少女の顔が気になります。
悪魔の様な顔だったりしてw


ちなみに私の一番好きな写真は、18のオッパイですが、何か?
sasa | 141083 | 2012年07月17日 11:26 | URL 【編集する】

130ってフレディ?
裸族のひと | 141085 | 2012年07月17日 13:07 | URL 【編集する】

130

吊 | 141086 | 2012年07月17日 13:56 | URL 【編集する】

あのコンセント(プラグ?)いいなぁ
昔固いコンセント抜こうとして間に指入れて感電した
ピー汰 | 141111 | 2012年07月17日 16:27 | URL 【編集する】

アザラシ達は生きているのかい?
裸族のひと | 141119 | 2012年07月17日 17:35 | URL 【編集する】

61が衝撃的過ぎてもう・・・ミミズだよね??
r | 141160 | 2012年07月17日 23:41 | URL 【編集する】

チキータさん、いつもたくさんの感動と驚きをありがとう。
今回はとくに好きな流れでした。
でも、朝のちょっと気持ちが焦っている(時間がない)ときに見たから、もったいなかったな。
モアモアって、見るときの気分によって感じるものが違うから、何度見ても楽しめます。

1 は、私の見た瞬間のイメージは、門から出ていく少女と、その家に入っていく不思議な老人との遭遇。以下は私の妄想で。

少女はこの家に遊びに来た子で、老人はこの家の主人。
なにかの目的で大きな鎌を持って出かけ、帰ってきたところで少女と遭遇。
老人の目は優しく「気を付けてお帰り」と語りかけているが、少女にとっては衝撃の出会い。
大きな鎌と美しい自転車という異様な取り合わせがこの老人を異世界の住人のように見せ、少女は、「死神に遭ってしまった」と思い込み、老人の後ろ姿を見送った後、逃げるように帰っていく。
その遭遇を誰にも話すことが出来ず、家に帰るや布団を頭からかぶって震える…
「あした、あの家の住人が亡くなっていたらどうしよう。あの死神が私のところに来たらどうしよう…」

という感じ。

で、チキータさんの解釈を見て脱帽。
ジャンヌ・ダルクまでは思い至らなかった!
さすがチキータさん。
深い。

まだまだだな、私。
モアモアを見るときの心構えが足りなかったようだ。
朴念仁パンダ | 141176 | 2012年07月18日 07:07 | URL 【編集する】

1

1は1900年に撮影された写真のようです。
写真のタイトルはFather Timeとされているようです。
ファザータイムはタナトスに並ぶ古い神で、時の翁と呼ばれ、時間、運命を司る神とのことです。

永遠に止まらぬ時、誰もが逆らうことのできぬ運命、世界(宇宙)を支配する絶対的神秘、
擬人化された"時"そのものであり、神というよりは、ある種の超自然的存在として崇拝さ
れることがあるようです。極少数ながらも世界中に信者はいるらしく、様々な国々で同様に
「時の父」的な意味をもつ名前で呼ばれています。

ファザータイムの姿は、ローブを着て左手に砂時計を持った、豊かな髭をもつ老人として描かれます。
現在では大鎌と砂時計がその象徴として用いられる事が多いようです。

「Father Time」で辞書に出ているんですね。
↓参考まで。
http://piperbasenji.blogspot.jp/2012/01/father-time.html
吊 | 141186 | 2012年07月18日 14:00 | URL 【編集する】

33
ロリィタならもう少し頑張りなさいよ

35
パンクしてんじゃん(゚∀゚)b

36
螺髪か!

37
やりすぎwでも、ナイス。日本じゃできないよね(´Д`)
ロリィタ・パンクス | 141200 | 2012年07月18日 16:03 | URL 【編集する】

135
うつみ宮土理って再婚したんだ
裸族のひと | 141494 | 2012年07月21日 00:17 | URL 【編集する】

134みたいな格好のおばあさん、たまに見かけます。
嫌われ町子 | 141713 | 2012年07月23日 22:32 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |