2012.02.03 (Fri)

「世界で最も小さな女性」から「世界で最も小さな党員」へ―インド

120203b1.jpg

Mail Online
昨年12月にお伝えしましたように、はれて「世界で最も小さな女性」として正式にギネスブックに認定された、インドのジョティー・アムゲ(18)ですが、もしかしたらボリウッドの女優ではなく政界に進出するという野望を抱いているのかもしれません。

彼女が支持を表明したのは、ラジ・サッカレーの率いる右翼団体、マハーラシュトラ新建設軍団(MNS:Maharashtra Navnirman Sena)で、同党は、マハーラシュトラ州本拠とする極右政党、シヴ・セーナーの分派、ヒンドゥー至上主義を掲げ、イスラム教徒に限らず移民の排斥などに力をいれて活動しています。

「有名になったのはいいけど、行く先々、どこにでもいっぱい人がついてくるっていうのは問題なのよね。いつもイライラするような質問をぶつけられるし」と有名人になった悲哀をこぼすアムゲですが、「世界で最も小さな女性」から「世界で最も小さな党員」となったことに対しては満更でもなさそうなのです。

Weird News | (12) comment  EDIT

Comment

差別主義は良くないなぁその選択で自滅すしないように望みます。
裸族のひと | 128238 | 2012年02月03日 11:11 | URL 【編集する】

今更この程度の記事で差別とかwww
なんでHEAVENくんの?
裸族のひと | 128245 | 2012年02月03日 12:50 | URL 【編集する】

>>1wwwwwwww
裸族のひと | 128246 | 2012年02月03日 12:54 | URL 【編集する】

こっち見んなw
裸族のひと | 128249 | 2012年02月03日 13:03 | URL 【編集する】

彼女を持ちあげている人大きいですね!
りぃ | 128261 | 2012年02月03日 15:33 | URL 【編集する】

原理主義的宗教観でテロやその他暴力的行為はしないでもらいたいね。この女性がそのためのジャンヌダルク的な存在にならないことを祈るばかりだ。
裸族のひと | 128267 | 2012年02月03日 16:01 | URL 【編集する】

インドは18歳で公民権が貰えるのか。
歓喜天 | 128276 | 2012年02月03日 17:39 | URL 【編集する】

ヒンドゥーはただでさえ差別を教義にしているような宗教なのに、そのうえ至上主義で排他的な党を支持するなんて。

恵まれた人間だったのね。
朴念仁パンダ | 128301 | 2012年02月04日 00:34 | URL 【編集する】

そうか至上主義か、自分なりの信念で頑張ってほしいですね。
私自身はそういう排他的な考えは嫌いだが、その土地ならではの根深い問題があるのかもしれないし
いろんな信念が複雑に絡み合いつつも、平和に解決できることが政治にもとめられることではないかな。
qtyam | 128325 | 2012年02月04日 03:51 | URL 【編集する】

誰の何を言っているの??
裸族のひと | 128362 | 2012年02月04日 17:19 | URL 【編集する】

彼女は小さいということで、差別されること、特別視されることを知っている。

それを思い出しながら政治活動をしてほしい。
タナトス | 128378 | 2012年02月04日 22:14 | URL 【編集する】

不思議だなあ。小人である自分が差別された事は無いのかな。
裸族のひと | 128431 | 2012年02月06日 10:24 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |