--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2011.05.07 (Sat)

22センチの角を生やした女性が切除手術―北京

110507b.jpg

国際在線(中)法制晩報(中)
22センチの角を生やした60代から70代とみられる女性が、5日、北京で角の切除手術をうけました。

この女性には名前がなく、手術同意書のうえでもただ「張紹華の雌(母)」とだけ記され、また生年月日もわからず、2人の子供の年齢から察するに60代から70代だということです。

女性は幼い頃にやけどを負い、左半身不随。言葉と聴覚をも失って親から売られた後、2人の子供をもうけました。角が生えたのは今年の春節で、わずか3カ月あまりのうちに湾曲しながら長さは22センチまで成長。10日ほど前に息子で、中国科学院の博士、張紹華に連れられて、北京軍区総病院美容外科にやって来ました。


角は見た目、羊の角のようで基部にはもう1本、6、7センチの角も生えています。病院側では女性に問診ができないことから、息子の張紹華も交え、専門医10人を交えて立ち会い診察。5日の午後に切除手術をおこないました。

ちなみに角の長さは中国の国内では26センチが最大。世界では16世紀のフランス、5歳の男の子が頭をぶつけた際にできたこぶが、30センチの長さにまで成長したという例があるということです。

110507c.jpg

Medical | (37) comment  EDIT

Comment

裸族のひと | 109036 | 2011年05月07日 17:07 | URL 【編集する】

3げっと♪




さてと・・・

皮膚系の病気だとは思うけど、ホント大丈夫かしらね・・・
短期間での成長を考えると癌化も考えられるし・・・

半身不随になったり、売られたり、奇病にかかったり
それでも長生きで、子供に病気も何とかしてもらえて
いい人生だか悪い人生だか。

この先もいい人生が続きますように。

タナトス | 109037 | 2011年05月07日 17:16 | URL 【編集する】

牛の角みたいに中央部に髄質があったりしたら・・多分犀の角みたいな体毛の変化したものだろうけど。
歓喜天 | 109040 | 2011年05月07日 17:35 | URL 【編集する】

子供さんに大事にされてるみたいでよかった
でも名前がないって、買った方で命名してくれなかったのかな
あと戸籍もないのかな…とか、(成功した)手術よりむしろそっちが気になっちゃったw
呼ぶのにも不便だろうに、そういう場合何て呼ばれるんだろう
この人は聴こえないってことだから肩を叩いたり腕を軽く引っ張ったりすればいいのかもだけど
裸族のひと | 109044 | 2011年05月07日 17:56 | URL 【編集する】

張紹華の雌
メスって・・・中国では母を雌って書くのか?
裸族のひと | 109045 | 2011年05月07日 17:56 | URL 【編集する】

老女と書け老女と。

期待しちゃうだろ
裸族のひと | 109047 | 2011年05月07日 18:03 | URL 【編集する】

109047さん、期待しちゃったんだ??
(爆)

戸籍がないんだとしたら、
この人の子供はどう登録されたんだろ??
すずめ | 109051 | 2011年05月07日 18:59 | URL 【編集する】

張紹華の雌 ひでー人生ですよね
なんか思い出しましたよあの話を。『安寿と厨子王』字合ってる?
赤 | 109060 | 2011年05月07日 19:29 | URL 【編集する】

ウサギ乳頭腫ウイルスっていう、ウサギの病気を思い出した。
裸族のひと | 109062 | 2011年05月07日 19:44 | URL 【編集する】

角うんぬんより、
意思の疎通もままならない人が子どもを産んでいるという方が驚き
84250 | 109064 | 2011年05月07日 19:57 | URL 【編集する】

中国は、やっぱりすごいな。
売られて子供まで、出来て、本人としては
選択の余地が無い家畜みたいな、
人生を歩んできたかと思うと本当に哀しい。

幸せな時があったのかなと、本人に問いたいね。
アランスミシー | 109065 | 2011年05月07日 20:05 | URL 【編集する】

波瀾万丈の母…名前すら無い事に驚き。
でも優秀な息子さんがいるし、なんかちょっとだけホッとした。
後は角?を無事に取り除いてもらって、穏やかな余生を送って…っていうニュ-スを待つのみ^^
のんのん | 109067 | 2011年05月07日 20:25 | URL 【編集する】

右半身不随で聴覚を失って言葉を失っても、
息子さんを立派に博士にまで育て上げられたなんて・・・
この親子の苦労と努力を想像したら鳥肌が立った。
想像を絶する苦労をされたと思うけど
親孝行な息子さんがいて、今は幸せなんじゃないかなぁ。
裸族のひと | 109068 | 2011年05月07日 20:29 | URL 【編集する】

すごいってもんじゃなくて 物凄いよね
ベゼン | 109069 | 2011年05月07日 20:29 | URL 【編集する】

脳がニュルニュル出てきたのかと思った
まさに裸族のひと | 109079 | 2011年05月07日 22:04 | URL 【編集する】

良い息子じゃないか
名無しさん@ニュース2ちゃん | 109088 | 2011年05月07日 23:00 | URL 【編集する】

子供を生むためだけに買われたのだろうか、壮絶な人生だ
息子が博士にまでなって、きちんと治療も受けられて、よかった。
もし息子がろくでなしだったら、この人の人生はどういうものだったのだろう
戸籍も無いんでしょうが、歴史に存在したことも残らず消えていく運命だったんでしょうか。
日本も人身売買???でWHOだか、なんだかに勧告かなんか受けてと思いますが、
中国の実情よりは、マシなんだろうか、とか思ってしまう。
昔のことだけども、悲しくなる。
qtyam | 109098 | 2011年05月07日 23:55 | URL 【編集する】

典型的な trichillemal carcinoma ですね

病気としては,さほど珍しくもないけどここまで伸びる人は日本にはあまりいませんね
裸族のひと | 109103 | 2011年05月08日 00:26 | URL 【編集する】

多難な人生だが
息子さんの人間が出来ていて本当に良かったね
名無しさん@ニュース2ちゃん | 109107 | 2011年05月08日 00:45 | URL 【編集する】

息子が母を病院に連れてきたということは、
きっと子どもを慈しんで大事に育て上げたんだろうなぁ。

父親は戸籍がないとかお金がないとかで、
名前を公的には付けてあげられなかったけど、
妻になったこの人を大事にしていたんだと思う。

家庭環境が良くなかったら、きっとどこかに老母を棄てに行ってたかもしれない…。

術後の経過が良いといいなぁ…。
オープンスペース | 109124 | 2011年05月08日 02:46 | URL 【編集する】

目に刺さる前に取れてよかった
jyo-ken | 109125 | 2011年05月08日 02:50 | URL 【編集する】

中国で100歳でおでこから角が生えてきたばあちゃん、いたよね。

HEAVENの過去記事:
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-4940.html

中国。100歳でおでこから角が生えてきたばあちゃんの動画:
http://www.youtube.com/watch?v=mCMWRu_fL44&feature=related

裸族のひと | 109158 | 2011年05月08日 08:20 | URL 【編集する】

この人生で息子が博士ってすごいなぁ。報われたね
名無しさん | 109160 | 2011年05月08日 08:44 | URL 【編集する】

>10日ほど前に息子で、中国科学院の博士、張紹華に連れられて、

子供は立派に育ったんだな
裸族のひと | 109171 | 2011年05月08日 11:13 | URL 【編集する】

やっぱりさぁ・・・
たくさん勉強して、立派な人になって、親孝行して・・・
必要なんだな。単純にそう思った。
オレ・・・ 自分が情けない。
裸族のひと | 109184 | 2011年05月08日 15:55 | URL 【編集する】

社会保障のちゃんとしてない中国で、左半身不随、言葉と聴覚をなしでよく息子を立派にエリートの育てたな。
しかし中国科学院の博士ってめちゃくちゃ凄いぞ。金もないだろうに今のご時世でそこまで行くのは並なことじゃないよ。
国務院直属のハイテクのトップ機関で郭沫若も院長を務めたとこで並の頭じゃ入れない。親孝行出来てほんとよかった。
裸族のひと | 109187 | 2011年05月08日 16:08 | URL 【編集する】

いい息子さんでよかったし、そのように育て上げたのもえらい。
良い経過をたどりますように。
裸族のひと | 109207 | 2011年05月08日 21:31 | URL 【編集する】

極貧でまともな教育を受けられなかったとはいえ、
このお婆ちゃんも元々の頭は良かったんだと思う。

そして、たとえ貧しくとも息子にだけは何としてもきちんとした教育を・・・という母の強い愛情が伝わってくる。

何か野口英世の母とかぶって泣けた。。。
裸族のひと | 109228 | 2011年05月09日 12:08 | URL 【編集する】

「大地の子」を思い出した。
本当に、中国には嫁をお金で買う家があるんだな。

息子を立派に育てた立派なお母さんなんだ。
予後が良好でありますように。
白パンダ | 109333 | 2011年05月10日 02:35 | URL 【編集する】

このお婆さんが子を産むために買われてきたのだとしたら
息子を(跡取り?として)育てたのは人を買えるぐらい裕福だった父親なのでは?

情報少なすぎてよくわからないですが…

でもまぁ良い息子さんに育たれたようで良かった

  | 109335 | 2011年05月10日 02:56 | URL 【編集する】

人材育成の仕事に携わっております。

学生の姿を見ていると、親の姿がよく見えます。
子は親の鏡、親は子の鏡・・・と先人の言葉は深いですね…。

わが身はどうかと内省する毎日です。
裸族のひと | 109429 | 2011年05月10日 23:12 | URL 【編集する】

やっぱりさぁ・・・
たくさん勉強して、立派な人になって、親孝行して・・・
必要なんだな。単純にそう思った。
オレ・・・ 自分が情けない。
裸族のひと | 109184さん

そんなに欲張らなくてもどれか一つでOK
赤 | 109551 | 2011年05月15日 21:56 | URL 【編集する】

109335そう思います。

子供を産ませるために買った女ですよ、育児には参加してませんわね。
子供を産ませた後は物置部屋かなんかで飼い殺ししてたんじゃないかな
子供は生物学的父親と本妻がたっぷり金をかけて育てたんでしょう。
子供のいないお金持ちのすることですからね。ひどい、とはいえ
この女性はそうでもしないと生きてこれなかったでしょうし。
で本妻が死んだかなにかでやっと子供が救いの手を、ってんじゃなかろうか。
なんだか昔の中国の親孝行談かなにかにそっくりなのがありそうですw
ぶれてないよ~中国w

赤 | 109552 | 2011年05月15日 22:26 | URL 【編集する】

頭骨が著しく縮小しているようにも見える。
骨の突然変異かもしれないな。
名無しさん@ニュース2ちゃん | 110298 | 2011年05月30日 07:41 | URL 【編集する】

う~ん、なんか美談の話みたいになってるけど、障害者を買って子を産ませるって話は同なの?子を欲しいやつならそういうの買わないんじゃないの? そういうのが好きならしょうがないけど。
dada | 111117 | 2011年06月13日 23:35 | URL 【編集する】

中国って、この手の生き物多いよなw
名無しさん@ニュース2ちゃん | 112046 | 2011年06月21日 19:47 | URL 【編集する】

2.3年前に死んだ僕のおばあちゃんに似ていて複雑な気持ちになった

息子が立派で良かったと思える
フクダ | 112264 | 2011年06月27日 18:47 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。