--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2009.06.19 (Fri)

林永君。その後の状況

90619a.jpg

今年2月にお伝えした「貧乏人にはあまりに高い医療費―火傷の跡が潰爛し、脳液が流出している少年」、貴州省遵義市ビ潭県高台鎮陽庄村で、幼いながら凄絶な生き方を遂げた林永君ですが、その後の状況がわかりましたのでお伝えしたいと思います。

まず今回の交渉にいたるきっかけは、mixi「Stairway to HEAVEN」を主宰してくださっている凛さんの提案がきっかけでした。
字義通り、まさに脳を潰爛しながら誰をも恨むことなく、感謝の言葉とともに生き続けた性根のやさしい林永君のおそらくたったひとつの心残り、自分の医療費にあてた莫大な借金をなんとかしてやれないかというのがはじまりだったのです。

まず凜さんが連絡をとったのは、日中友好協会および中国大使館の友好交流部。
しかし大きな部署ほど腰が重く、大使館では政府もしくはそれに準ずる公的機関からの申し入れでない限り、関与できないと丁重に断られ、日中友好協会では、記事の出所が掲示板だという理由で、話自体の信憑性を問われたそうです。

またこの件に関しては、記事に興味をもたれた翻訳家でもいらしゃるmiavさんにもご協力をいただきました。miavさんはご自身のブログ、「ユウガナセイカツガサイコウノフクシウ。」の中で、「林永君の物語。 」以下(下記リンク参照)で、掲示板経由でなんとか彼に対し救いの手を差し伸べようとした医師を含む中国ネットユーザらのやりとりを詳説していらっしゃいます。

ともあれ、林永君の記事は元々の掲載元である搖籃論壇(一時、表示されませんでしたがまた復活しています)以外にも、中国紅十字(赤十字)基金会の運営するサイト、「天使媽媽(天使のお母さん)」でも取り上げられていることを見つけ、記事の確証はとれたものの、その先がいっこうに埒があきません。

ここで凛さんはダメ元で次の手を打ちました。連絡をとられたのは、ご自宅の近くで中国語教室を開いていらっしゃる女性で、話しを伺うとこれまでにも中国の貧困県に友好協会を通して寄付し、学校を建てるなど尽力された方だったようです。
書き込みをアップし、搖籃論壇の最後に連絡先が記されていた貴州省ビ潭県貧困救済課副主任の盛朝梁氏に直接電話でお伺いするということでした。

凛さんが女性を通して伝えたことは、治療には間に合わなかったけれども、林永君とその家族を長年に渡って支え続けた故郷の人々に対して、彼自身が果たせなかった「恩返し」をわれわれにも手伝わせていただけないものだろうかというもの。
それに対して向こうのお返事は最初は「何故日本から?」とにべもなく電話を切られたそうですが、こちらの誠意を丁寧に伝えてもらったところ、現状は残された6万元という借金も、いまではなんとか返済の目処がつき、この件で村の存在がひろく認知され、貧困県といった現在の状況から将来的には改善されることだろうという副主任の見解をいただきました。

向こうでは、ごくローカルな掲示板の一片の書き込みが日本にまで伝わったことにおどろいていらっしゃったようですが、最後には「謝謝」と何度もおっしゃられたということです。

具体的にどれだけの義捐金が集まったかなどというお話はうかがえませんでしたが、少なくとも日本から大勢の方々が彼を案じたということだけは伝わったと思います。
凜さん、また、林永君の最後の状況を的確な訳でお伝えいただいたmiavさん、ありがとうございました。そしてあらためて、当該記事にコメントをお寄せいただいた全ての方々に感謝いたします。


林永君の物語その2。― ユウガナセイカツガサイコウノフクシウ。
林永君の物語その3。― ユウガナセイカツガサイコウノフクシウ。
林永君の物語その4。― ユウガナセイカツガサイコウノフクシウ。
林永君の物語その5。― ユウガナセイカツガサイコウノフクシウ。
林永君の物語その6。― ユウガナセイカツガサイコウノフクシウ。
林永君の物語その7。― ユウガナセイカツガサイコウノフクシウ。

cool | (42) comment  EDIT

Comment

本当に貧困の無い平等な世の中を望むなら、たぶん巨大ガンダム像なんて諦めなくちゃいけないんだな。
裸族のひと | 35158 | 2009年06月19日 06:04 | URL 【編集する】

↑意味不明。。苦笑
    | 35161 | 2009年06月19日 06:32 | URL 【編集する】

う~ん、反日教育はシッカリと根付いていますな。

って、そんなハナシじゃなくて、そうですか、水面下というか
知らないところで、そんな裏話があったとはね ・・・。
誠に残念な結果でしたが、一方で借金返済に目処がたってよかったですね。

しかし・・・、両国とも、お役所というところは・・・。
まぁ、アレがナニですから、こんな時のためにボランティア組織
の活躍の場があるのかもしれませんね。

関係者の皆様、お疲れ様でした!
馬小屋 | 35162 | 2009年06月19日 07:37 | URL 【編集する】

初書き込みします。
続報、有難うございます!
最初の記事では 余りの事に胸が苦しくて 何も書けなくて。。。
ただ、通り過ぎてしまいました。

そうか。。。
中国の人たちも 皆、頑張ってたんですね。。・゜・(ノД`)・゜・
裸族のひと | 35164 | 2009年06月19日 07:41 | URL 【編集する】

林永君は生まれてくる意味があったね

短い一生ながらもこれだけの人に影響与えたのだから
きっと彼の早死は無駄にはなってないはずだ


よかったね 林永君
ベーゼン | 35165 | 2009年06月19日 07:52 | URL 【編集する】

金もうけ目的の宗教団体などに利用されないでよかった、一人一人の志は高くてもお金が集まるとそれをまとめる人の心が曇るのはつらいもの。
歓喜天 | 35174 | 2009年06月19日 09:13 | URL 【編集する】

チキータさん、経緯をまとめてくださってありがとうございます。
ご遺族の借金は、林永君亡き後も中国各地から集まった募金や、政府からの援助で返済されているそうです。
『彼のことを知って、心配してくださった日本の皆さんありがとう。今はもう大丈夫です。皆さんのお気持ちだけ受け取っておきます。ありがとう』とは今回お話しを伺った盛朝梁氏からの言葉です。
今回ご協力頂いた方々、快く通訳を引き受けてくださった中国人の先生、現状を教えてくださった盛朝梁氏に感謝します。
凛 | 35178 | 2009年06月19日 09:48 | URL 【編集する】

林永君のことで今回俺は大変勉強させてもらいました。
こういう所でも日中の壁を感じなくてはならないとは・・・
でも林永君のご両親にも凄く励みになったことでしょう。
又多方面の問題も良い方向へ発展できるような期待感をもてました。

凛さん、チキータさん、そして活動してくださった皆さん本当にアリガトウございます。
林永君の冥福を祈るとともに、皆さんに感謝します。
jyo-ken | 35187 | 2009年06月19日 12:12 | URL 【編集する】

永林に見えた
裸族のひと | 35193 | 2009年06月19日 12:53 | URL 【編集する】

死にぞこないを救うと称して美談にして詐欺する連中に注意しろ。
裸族のひと | 35197 | 2009年06月19日 13:18 | URL 【編集する】

名ばかりの共産社会主義だよな。
ロケットや空母作る金を厚生福利まわしたほうが、
どれだけ国が安定するわからんのかな。
nobu | 35212 | 2009年06月19日 15:50 | URL 【編集する】

貧困があるから富裕がある
富裕があるから何の役にも立たない巨大オモチャなんか作って遊べる
それを見ぬ振りして同情だけしたってなんにもならない
裸族のひと | 35213 | 2009年06月19日 15:58 | URL 【編集する】

命が助かるレベルで話題になっていればと今でも思う・・・
ここは天国の底 | 35217 | 2009年06月19日 16:52 | URL 【編集する】

この男の子、たしかに可哀そうだ。しかし。・・・しかし、男の子の傍らに座ってる母親(?)の身なりが怪しい。
以前、仕事で農村に行く機会があったが、今時、どんなに貧乏でも継ぎ接ぎの服なんか着てる中国の農民なんかいないって・・・
ニュース事体はお気の毒だが、わざわざ、無用な演出をして同情を買わなくても・・・・
まぁ、裕福に暮らす者たち(お人好し)の同情と憐憫を誘うのは、昔から今も続く中国人の常套手段だが。
それと、この男の子の悲劇とガンダムは何の関係もない。なおかつ、等身大ガンダムは日本のニュースであって、中国で行われてることじゃない。
なぜ、日本人が遠慮しなきゃならないのか?中国で悲劇が起きる度に日本人はやりたいことを我慢しなければならないのか?
中国への無条件の寛容と気遣いは、そうしたい奴だけすればいい。
裸族のひと | 35219 | 2009年06月19日 17:11 | URL 【編集する】

中国って保険とかはないんだよね・・・
貧乏人は病院には行けない
そして病院では金のない患者は腐っていても放り出すという非情な国
裸族のひと | 35229 | 2009年06月19日 17:55 | URL 【編集する】

>中国って保険とかはないんだよね・・・

ありますよ。ただ制度が全土には普及しておらず、また貧乏人には加入する金がないので保険制度を知っても加入は無理、というだけです。都市部で会社勤めする人の間では、加入者はずいぶん増えていると思います。

普及面ではまだまだですが、中国の保険はある意味日本のよりスゴイですよ。労働条件のよい会社で、幹部クラスの人間なんかになると、かなりの額の保険に入ってくれています。日本だと一律3割負担とかですが、中国のは毎月の保険金額によって保険証にゴールドカード・シルバー・普通の・があり、ゴールドだとちょっとした入院程度なら、キャッシュレスで済んでしまいます。保険金額以内なら、登録さえしておけば家族もそのカードが使えます。

中国の保険証の面白い所は、この保険証で町の薬屋で風邪薬なんかも買えてしまうところです。日本のも、市販薬に保険が効けばいいのに・・・・・これはまぁ無理でしょうね。
在中邦人 | 35251 | 2009年06月19日 22:11 | URL 【編集する】

ウチの田舎でも普通につぎはぎして着ているぞ。さすがにここまでデカくはないが。
貧困層ならおかしくないと思う。
裸族のひと | 35253 | 2009年06月19日 22:17 | URL 【編集する】

>35219
こうやってニュースになっているんだから、演出させられてるという場合も。
あるいはそういう図柄のおべべなのかも?パッチワークっつうのもあるし。
まぁ、ああゆうのにかけるお金があまってるんならまだ、そちらに寄付だのの
有効なコトにでも使った方がイイんではないか、というイミなのでは?ロボの事は
裸族のひと | 35254 | 2009年06月19日 22:20 | URL 【編集する】

何故にこのこだけ。
他にもいるだろ。
裸族のひと | 35258 | 2009年06月19日 23:09 | URL 【編集する】

とりあえず借金の返済ができて良かった
でも、根本的な解決はしてないような気がする
裸族のひと | 35260 | 2009年06月19日 23:20 | URL 【編集する】

巨大おもちゃの話は遠慮しろって言ってんじゃなくて、視野を広げろって事ではないの?
ガンダムだってバンダイは儲かってるかも知れんけど末端アニメーターは超薄給だしね。
他所ばかり叩いてられないよ。 
裸族のひと | 35269 | 2009年06月20日 00:25 | URL 【編集する】

在中邦人さん
中国の保険証の内容初めてしりました。もう一つ教えてもらえると嬉しいのですが、その保険は国営ですか、民間の保険会社ですか?
国営のなら本当にスゲー。アメリカでも民間保険会社で国民の4割は未加入だってのに。

35254さん、35219さん、このお母さんの様な服着た人はまだまだいっぱいいますよ。というか俺自身が在中した時これに近いかっこうでした。今でも向こうに行けば変身します。
jyo-ken | 35272 | 2009年06月20日 01:06 | URL 【編集する】

今自分の着てる服って10年以上着てる服が多いんだが
(安物の服の割りに継ぎ接ぎにしなきゃならんほど駄目にはなってない、
同じ中国品でも食品はともかく日本向けの方が品質がいいらしい)
つまり何が言いたいかってえと、別に継ぎ接ぎの服は演出じゃないってこと
Tシャツでも駄目になっても家着にしてるよ、日本でもついこないだまでそれが普通だったよ、
今時実感沸かない奴多いみたいだけど
裸族のひと | 35307 | 2009年06月20日 08:11 | URL 【編集する】

確かに不幸な子供は多くいるだろうが、その現状が運良く世界に知られ、行動的な人が動けば、手をさしのべて助ける事も可能というわけか。
自分の身の回りの人を養ったり、守ったりするのに、金銭的にも、時間的にも余裕がある人はやれば良いと思う。
aunn | 35335 | 2009年06月20日 12:16 | URL 【編集する】

日本人てほんと優しいというか甘すぎというか。
中国なら日本のどんなニュースも反日工作に利用するだろうね。

中国の貧困は、中国人自身に責任があるのに
どさくさまぎれに日本人の文化にケチつけるし。
文化大革命みたいなことする人達には理解できないだろうけど。
共感とか吹っ飛ぶわ。
裸族のひと | 35383 | 2009年06月20日 22:46 | URL 【編集する】

>最初は「何故日本から?」とにべもなく電話を切られたそうですが

林永くんの記事で、沢山の方が裏で動いてくださったことは嬉しいのですが
なんだか、ちょっと悲しい一文でした。
なにも切らなくても・・・。やはり反日というのがあるのでしょうか。
最終的には理解してくださったようですし、自国の皆さんの協力で
どうにかなったようなので良かったとは思うのですが、戦争によって
他国民を憎んだりする事を実感&理解できない自分としては少し寂しかったです。
you | 35384 | 2009年06月20日 23:11 | URL 【編集する】

林永くんの記事に、私も何もコメントを残せない一人でした。
彼の純粋で優しい気持ちのあふれる生き方が私にはとても痛かった…。
涙が止まりませんでした。

今でも、心がくじけそうなとき、気持ちが折れてしまいそうなとき、彼の記事を読みます。
そして、また涙します。
「謝謝」と新たな気持ちになります。

林永くん、ありがとう。記事にしてくれたチキータさん、ありがとう。
はなちゃん | 35386 | 2009年06月20日 23:12 | URL 【編集する】

>youさん
電話を切られたのは、反日と言うのも否定は出来ませんが、今回は盛朝梁氏の携帯電話に突然電話を掛けましたので、先ずは単に困惑から切ったのだと思います。いくら自分から携帯電話の番号をネットに記載したとは言え、林永君が亡くなってから早5ヶ月。今更になって、突然不審な国際電話の番号から電話が来たら驚きますよね。電波の状況もあまり良くなく、一度目は殆ど会話もままならないまま切られたので…。
凛 | 35388 | 2009年06月20日 23:31 | URL 【編集する】

凛さんへ。
miavさんへ。
そしてチキータさんへ。

伝えてくださって、行動してくださって、本当にありがとうございます。
記事を見たときに、もう林永君亡くなっているのだから、外国だから、何にも出来ないなあと、感傷に浸るくらいしか出来なかったのですが、それはただ、私が何もしなかっただけなんだと思い知りました。

林永くんにも、ありがとうね。
豆柴 | 35396 | 2009年06月21日 00:38 | URL 【編集する】

彼の記事はほんと衝撃的だった。
教えてくれたチキータさん達には感謝してるよ。
あと中国関連のニュースでは、チベットの人たちも心配だね。
   | 35407 | 2009年06月21日 05:07 | URL 【編集する】

これで第二第三の林君が現れない事を祈って止まない
あおむし | 35443 | 2009年06月21日 17:49 | URL 【編集する】

そういや、足に腫瘍が出来てそれがぶくぶくでかくなり続けてる
腫瘍なんだかおばさんなんだかどっちだ。みたいなおばさんの記事あったじゃん
あのおばさんにも手術代くらい回してやったらどうか。
あんなんもうクリーチャーの域に達してるよ。まだ生きてんのかな
旦那、おばさんを食わせてるというより、腫瘍食わせてるといった方が早い
別に死ぬわけじゃなく、おそらく一生あのまま腫瘍だけぶくぶくでかくなり
続けるんだろ
あのおばさんの方が悲惨じゃないか、ある意味
つーか旦那か
裸族のひと | 35462 | 2009年06月21日 22:42 | URL 【編集する】

電話を切られたくだりで、ついつい反日の印象が出てきてしまうようですが、
彼らにとっては現場の厳しい現実と、反日は同列ではないでしょう。
我々にとっては、この一件も反日も、新聞記事の1つめと2つめぐらいの
ものかもしれません。

「なぜ日本から?」は、
「なぜ(募金活動をしていない)日本から(まして今頃)?」
という意味合いでしょうね。

あと、彼らに対して かわいそう と思うことがおこがましいことだという
自分自身の勘違いにも気づいて、今は思いを連ねているところです。
  | 35493 | 2009年06月22日 03:28 | URL 【編集する】

やっぱり悔やまれるのは
反日教育をほどこした中国政府だよな。
メガネのひと | 35839 | 2009年06月24日 18:13 | URL 【編集する】

善有善報。
善い行いをした人には神さまの祝福が…というような意味の中国語です。
林永くんに始まった善意の連鎖に与る全ての善意の人々の上に、この言葉が
実現されますように…。
感動の天使 | 36447 | 2009年06月30日 06:01 | URL 【編集する】

連絡先、携帯電話だったんですか。
中国の携帯電話の多くは着信を受けるだけで課金されます。それが国際電話だと、あっという間にとんでもない額を負担させられることになるのです。最初に電話を切られたのは、反日とかそういう難しい問題じゃなく、単に国際電話だったからでしょう。おそらく、間違いなく。
国を超えて何かする場合、現地の様子は日本の常識が通じない場合が多々あります。気持ちは大切ですが(凛さんの行動力には敬意を表します)、異国・異文化・異制度との関わりの際には、細心の注意を・・・・・ということですね。
偉そうに失礼いたしました。
裸族のひと | 37083 | 2009年07月06日 00:07 | URL 【編集する】

でもね、日本人ってどうして日本の可哀そうな人には手を貸さずに、海外の人ばかりに手を貸すんだろ?

意地悪な言い方かもしれないけれど、もし日本人でこういう人がいたら”寄付”したかな?

国内だと、状況が判りすぎてるから、判らない海外の人が、よけいにかわいそうに見えるのでは?

勿論、寄付はいいことですが、もっと国内で苦しんでいる人も助けて欲しいってことです。
裸族のひと | 42028 | 2009年08月12日 21:43 | URL 【編集する】

>意地悪な言い方かもしれないけれど、もし日本人でこういう人がいたら”寄付”したかな?

日本に林永くんの様な人はいないと思いますよ。
もし、いたら"寄付"が多く集まっていたと思いますし、国が助けるでしょう。


>勿論、寄付はいいことですが、もっと国内で苦しんでいる人も助けて欲しいってことです。

日本と中国の「貧困」・「底辺」の違いを
「林永君の物語その4。― ユウガナセイカツガサイコウノフクシウ。」で。。。

日本人・中国人・○○人、である前に人として生きなければいけないと思いませんか?
ゆゆ | 47238 | 2009年09月19日 22:51 | URL 【編集する】

ひょんな事で此処を見ました。この故林永君のはお金のレベルでは有りませんね、最初から政府を動かさないとね、まぐれで日本経由で中国政府と言う手も出来たかもしれない。この症例は受傷直後ではなく瘡蓋形成し温存して来た為に一般外科外来では触りたがらない・・脳外科、小児科、内科、整形外科、形成外科、再生医療、・・・初めからこれらの連携が不可欠ですね。各専門医学分野は目覚しい発展を遂げてはいるが、戦傷火傷や農作業など感染リスクの高い屋外受傷に対する救急臨床医療連携制度が中国にも必要でしょう。貧富の差での差別は社会主義国には有っては成らない事。日本なら児童医療公費負担制度とか、身体障害者医療費減免や高額医療費の還付制度とか有るし医療機関のネットワークが機能してるので障害者ながら社会復帰できたかも。
ところで中国の医療保険制度は日本で言えば民間保険会社の生命保険の類です。それもお金集め目的ですので日本の医療福祉制度とは全く異なります。大体そういう公的財源となる地方税が無い。その為の住民登録制度、たどれば戸籍制度などの国民の一元管理システムが今ひとつ。緊急走行車両が交差点で信号待ちしてる国ですよ、人命の重さと健康の価値の概念・・・・まだまだ先ですね。
裸族のひと | 64183 | 2010年01月23日 12:19 | URL 【編集する】

>>ゆゆ | 47238
>日本人・中国人・○○人、である前に人として生きなければいけないと思いませんか?

思いますよ。
ただ、同時に国家に属して、〇〇人というくくりに属しているのも事実、現実ですね。
戦争をする国家に、国家間の戦いなんかやめて、個人戦をするように言ってみてください。

ねえ | 65230 | 2010年01月31日 19:17 | URL 【編集する】

中国人は、日本人から助けてもらっても感謝なんてしないよ。
なぜ、中国にお金をバラまいて、中国様に気に入ってもらおうと必死なの? 向こうは反日教育受けて、日本人を殺すのは正義だと教えられているんだぞ。この子供ですら日本を憎悪している。

おじいさんが、ある在日中国人土木作業員に「疲れただろ」とみかんを差し入れてやったら、その中国人は夜に仲間をつれておじいさんの家に忍び込んで、おじいさんを虐殺して金品を盗んで知らん顔。後日逮捕されたが、「日本人は殺してもいいと教わった」と罪悪感もなくケロり。

あと福岡の一家四人虐殺事件。これは日本が年間1兆円以上もバラまいている中国人留学生グループが起こした事件。幼児まで殺され、奥さんは「生きたまま」全身の肉を削がれる解体拷問刑。発見された肉塊には顔がなかった。笑いながらゲーム感覚やったという。これもマスゴミが中国様に失礼だと、日本人の拷問死の内容を伝えずに隠蔽報道した。

おまえら、自国民が虐殺されているのに、勝手に中国で死んだ子供を哀れんで、何考えてるの? この子供ですら日本を憎悪してるんだぞ。

なんで中国に感謝されたいの? 何その片想いは? 謝罪と賠償したくてたまらないんだね。尖閣も沖縄も中国様にあげちゃいたいわけ? 自国の障害者がナマポもらえずに餓死しても「ナマポざまぁww」とか言ってシカトのくせに、中国のどうでもいいガキにいい顔したがる神経がわからん。
裸族のひと | 146351 | 2012年09月26日 00:01 | URL 【編集する】

今更なんですがyoutubeから名前検索でここに来ました
亡くなってたんですね
謝謝の言葉に泣きました
中国の方が電話口で最初冷たかったという意見がありますが、もし日本人が同じ立場で
(例えば震災があった地域とかに)中国から電話が来て寄付したい、なんて言われたら
日本人だって詐欺か?って疑いますでしょう
実際に知人を介して面通ししたのではなくあくまで電話口、仕方ない

あと日本人で大やけどして大変な状況の方はいなくはないと思います
ただこんな写真付の記事ではなくおそらくは文章で「第何度の火傷を全身に何パーセントの重傷」という言われ方だけで想像がつかない方の方が多いのでは
また多分写真を自分で晒すと今度はまた金が欲しいのかという心無い言葉もあるかも
こういうのは難しいのです本当に
名無し++ | 158462 | 2013年09月28日 23:12 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。