--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2009.02.22 (Sun)

related:Dad at 13(2)―13歳で母親となった女性

90222b.jpgMail Online
こちらは13歳で母親となったレベッカ・フィニスの物語です。

「私は十代の母親たちが国から援助を受けるのを当然と考えていることについては、しっくりこないのよ。誰だって自分の家族に対して責任がある筈だし、生活のために働いているのよ」
こう述べるフィニスは、ケント州メイドストーンの生まれ。13歳のときに付き合っていた15歳の男子生徒、ピーターとの間に子供が生まれました。

フィニスの両親、母親のアンジェラ(現在50歳)、営業主任を務める父親のスティーブン(現在53歳)は、当時、娘のあまりに早い妊娠に大きなショックを受けたといいます。フィニスは続けます。
「家は両親ともに愛情あふれた中流家庭。娘が13歳で妊娠するなどとは夢にも思わなかったでしょうね。いずれ大学へも進学する予定だった私は、まわりからはもちろん中絶を勧められました。中絶をすれば楽なことはわかってましたけど、ピーターの支えで私たちは産むことに決めました。身ごもった子供のために最善を尽くそうと必死でした。

こうして2000年8月に息子のヨシュアが誕生します。出生体重は7ポンド11オンス(約3520グラム)。
「分娩室にはピーターと母親がいました。ヨシュアを抱っこしたとき、私はその重みから正しい選択をしたのだと気づきました」

フィニスは一学期の間だけ休学し、その間は自宅で勉強して、ヨシュアが5ヶ月になったときに完全に復学しました。学校に行っている間は母親のアンジェラがヨシュアの面倒をみましたが、アンジェラはフィニスが帰宅するとすぐにヨシュアを手わたしたといいます。
「母は、ヨシュアの面倒をみるのはあくまで私なのだと暗に言い聞かせてくれていたのでしょう。ピーターと彼の両親も気遣ってくれて、私は早く「大人」にならなければいけませんでした。出産という過ちをおかしたということで、十代の楽しみはなかったですね。友だちが遊びにいく間、私は勉強するかヨシュアの面倒をみるか、どちらかでしかなかったのですから」

フィニスは16歳で10科目のGCSE(General Certificate of Secondary Education:義務教育修了の認定)と3つのA-level(高等学校クラスの修了認定)を取得、将来はダンスの講師になるべく勉強を進めます。

フィニスが18歳になったとき、彼女はピーターといっしょに家を出ました。出産当初、2人の仲は長続きしないだろうという予想を超えてピーターはひたすらフィニスとヨシュアの面倒を見続けたのです。
また、ピーターはハウスクリーニングの事業を起ち上げ、家族がカウンシルハウスに住むような事態だけは避けられました。

「十代の母親というと信じられないほどのまわりの偏見があります。そして残念なことに、十代で母親になった女性の多くが、赤ちゃんが生まれたことを免罪符として、政府から助成金をうける目的としていることです」
3年前に娘のケイトリンにも恵まれたというフィニスは、2007年にピーターと正式に結婚。と同時にダンスの講師の資格取得を目指して現在、大学で聴講しているそうです。

90222c.jpg

strange | (37) comment  EDIT

Comment

子供早く生んでも、ちゃんと責任感のある夫婦に育ってよかった。
nobu | 19655 | 2009年02月22日 04:59 | URL 【編集する】

おー、これは立派だ。 写真の表情も良いな。
裸族のひと | 19658 | 2009年02月22日 05:03 | URL 【編集する】

おお! 終わりよければすべてよしってまだ育児は続いてますが、
こんな風に良き母・父になれる人たちもいるんですねぇ。
ヨシュア君の幸せそうな笑顔が語らずもがな、って感じでe-446

この人の場合はお母さんが素晴らしいお手本として
いい塩梅で支え続けてくれていたことが良かったんでしょうね。
あと本人のたゆまぬ努力と。
オープンスペース | 19659 | 2009年02月22日 05:04 | URL 【編集する】

所詮、ニュースに報じられた順番の問題なんだろうけど
二番煎じであることは、否めない。

政府からの助成金は受けないまでも、こうしてニュースを流すってことは・・・???
別に黙ってればよくね??
裸族のひと | 19660 | 2009年02月22日 05:12 | URL 【編集する】

これはよいね。うんうん。
裸族のひと | 19664 | 2009年02月22日 05:39 | URL 【編集する】

やっぱり家庭環境は大事だな。
裸族のひと | 19665 | 2009年02月22日 05:58 | URL 【編集する】

すごいなぁ……俺はきっと真似できない
どちらもしっかりとしてる
裸族のひと | 19666 | 2009年02月22日 06:03 | URL 【編集する】

レベッカは22歳とは思えないほど劣化が進んでいるな。
freeman | 19668 | 2009年02月22日 07:15 | URL 【編集する】

この場合は立派だ、だがしかしスーパーリア充なのには変わりない・・・
エッターマウス | 19669 | 2009年02月22日 07:51 | URL 【編集する】

若いときの子育ては大変だが、孫の世代に近い子の子育てもそれなりに大変


歓喜天 | 19672 | 2009年02月22日 08:23 | URL 【編集する】

本人は自分の選択だけど、子供はそうではないのだから、生まれた子供が不幸にならなければそれで良い。
この家族は今後もいい状態を保ってほしいもんだ。
裸族のひと | 19675 | 2009年02月22日 09:42 | URL 【編集する】

結果としてちゃんと責任を果たしてるのは好感を持てますね。
でもやっぱり避妊を怠ったのはダメだったでしょ。
家庭の事情とかでどうしても子供が必要とかでない限りは
先進国で10代前半の出産っていうのは選択肢としてあり得ないと思う
裸族のひと | 19677 | 2009年02月22日 10:54 | URL 【編集する】

レベッカ同じ年´д`

迂闊にも感動してしまった
てん | 19680 | 2009年02月22日 11:13 | URL 【編集する】

両親や旦那さんに支えられて、立派に育っていったんだね。
やっぱり、環境は大事だな、と思った。こうやって自立しなきゃ、って思わせられる教育が必要なんだなー
裸族のひと | 19684 | 2009年02月22日 12:26 | URL 【編集する】

さんざん非難されただろうし、それでもちゃんと家庭を築けたのは本当にすごい
立派なお父さんとお母さんだ
裸族のひと | 19689 | 2009年02月22日 12:48 | URL 【編集する】

結局のところは親となる本人たちの質、なんだな
20代で産んでもきちんと育てられない親だっているし
そんなしっかりした13歳と15歳だったら、子供だろうが関係ない
尊敬するわ。
VIPPERな名無しさん | 19700 | 2009年02月22日 14:51 | URL 【編集する】

あ、こっちにいたね^-^;

しっかりしたいい両親でよかったと思います。
swordfish | 19703 | 2009年02月22日 14:56 | URL 【編集する】

国の補助金を貰って当たり前な考え方の人がいっぱいいる中で、この若い10代の二人は人間として、親としての正しい道を取ったんだね。

すんごい立派。
裸族のひと | 19712 | 2009年02月22日 16:25 | URL 【編集する】

若くして妊娠・出産した人達にしては、意外なほどDQN性を感じない2人だ。
若夫婦(特に旦那さん)の目のきれいさが、正直さや勤勉さを物語ってるね☆

子供達が思春期を迎える頃には、いろいろと大変な事もあるだろうけど、
賢明な祖父母達にも見守ってもらいながら、
2人で協力して立派に育てて行ってほしい。

それにしても、お父さん(ピーター)と息子(ヨシュア) そっくり~!

裸族のひと | 19713 | 2009年02月22日 16:34 | URL 【編集する】

結局は親の親の教育か、と思わざるをえない
RRR | 19714 | 2009年02月22日 17:05 | URL 【編集する】

平和が一番
ベーゼン | 19724 | 2009年02月22日 18:17 | URL 【編集する】

必ずしも年齢が全てを決める訳じゃないんだな
裸族のひと | 19743 | 2009年02月22日 20:41 | URL 【編集する】

おとっつぁんのアイブローがイカすねえ。
裸族のひと | 19761 | 2009年02月22日 21:40 | URL 【編集する】

あ~、まぁ~、結果 All Right でしょうかね。
馬小屋 | 19769 | 2009年02月22日 21:58 | URL 【編集する】

生でセックスしている以上、できた子供を育てるのは当然のことなんだけどね。本来は。
しかも親が異様に若いと、PTAの「なんかあったの?」「お母さんなんであんな若いの?」的風潮によって子供が肩身の狭い思いをするかもしれないし。

この両親が「立派」なら、いわゆる"普通"の親は「神の如し」、ですね。
ぽん | 19787 | 2009年02月22日 23:47 | URL 【編集する】

ピーターカッコいい・・・
裸族のひと | 19797 | 2009年02月23日 00:20 | URL 【編集する】

ヨシュアを生んだ当時のレベッカ
カワユス~♪

ピーターは、年を重ねるごとに
渋くて いい男になってくタイプだね!
裸族のひと | 19805 | 2009年02月23日 01:23 | URL 【編集する】

ピーター髪の毛やばい、、、
53 | 19830 | 2009年02月23日 07:54 | URL 【編集する】

>PTAの「なんかあったの?」「お母さんなんであんな若いの?」的風潮

サヨ的な考えかもしれないが、この風潮の方が間違ってると思うぞ。
人のプライベートを詮索するのはDQNな行為だろ?
裸族のひと | 19872 | 2009年02月23日 12:35 | URL 【編集する】

さいきん馬鹿な親やマスコミの話ばっかりでうんざりしていたが久々に素直にいいと思える記事ですな。

こういう人たちこそ政府は支援するべきだろう。
戦場の脆い絆 | 19951 | 2009年02月23日 19:04 | URL 【編集する】

すばらしい家族ですね☆
ヴァル | 19968 | 2009年02月23日 19:48 | URL 【編集する】


人はとかく年齢や学歴で優劣をつけるけど、責任感をもって行動してる行動してるのであれば若くても良い。
この責任感を持たしてあげた彼らの親の教育は見習うべきだと思う。

裸族のひと | 19977 | 2009年02月23日 20:14 | URL 【編集する】

>サヨ的な考えかもしれないが、この風潮の方が間違ってると思うぞ。
人のプライベートを詮索するのはDQNな行為だろ?

どうしてそれが左翼的になるか知らんが、こんな事に右も左もないし、
別にPTAじゃなくたって、人のプライベートに口を出すのは古今東西変わらんと思うが。
事実、ここに集ってる人間は自分を含め、この記事やアルフィの記事にしろ、その他のに記事しろ、思いっきり人様の話にああだこうだとコメントをつけてるわけだし。
裸族のひと | 20028 | 2009年02月24日 02:27 | URL 【編集する】

>こういう人たちこそ政府は支援すべきだろう。

えええええええええええ
せっかく本人が、冒頭で無茶苦茶いい事言ってんのに……、どうしてそういう結論に……。

それぞれの人に家庭や生活があり、責任があるんだから、若くして生んだからって、税金で支援されようと思うな、自助努力しろ!って言って、実際にフィニスは頑張って来たんだから、それを否定しちゃう事になっちゃうよ。
それに、フィニス達がいい子だから支援、DQNは無しなんて事を政府がやるなら、これは差別になるでしょ?
裸族のひと | 20029 | 2009年02月24日 02:47 | URL 【編集する】

>政府からの助成金は受けないまでも、こうしてニュースを流すってことは・・・???
>別に黙ってればよくね??

読んでの通り過去の出来事を紹介してるだけで別にニュースでもなんでもないよ。
>13歳で父親になった少年、アルフィ・パッテンの記事はどれも多くのコメントが寄せられています。
>そこで、彼の前にあった物語を2つ、紹介しておきましょう。
裸族のひと | 20035 | 2009年02月24日 03:46 | URL 【編集する】

ピーターイケメンだな。
イケメンっていうか、ツラ構えがいい。
裸族のひと | 20153 | 2009年02月24日 16:11 | URL 【編集する】

これはいいね^^

まぁ「これはいいね^^」なんていわなあかんのが悲しいけど。

普通だと思うな。そうだ。これが普通なんや
刹那 | 21270 | 2009年03月03日 07:08 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。