2008.04.28 (Mon)

山東省で列車同士が正面衝突、66名が死亡、247人が負傷

80428c.jpg

新華網
今朝早朝、山東省の淄博市で列車同士が正面衝突、66名が死亡、247人が負傷するという惨事がありました。

事故が起こったのは28日早朝4時41分で、まずは王村駅を通過した北京発青島行きの列車がカーブを曲がりきれずに脱線、転覆。煙台発山東菏澤行きの列車がこれに正面から突っこみ、同じく脱線したものです。現場付近は見通しのいいカーブで、先に転覆した列車は17輌編成で、10輌目から17両目が脱線。これに衝突した列車は前から3輌目までが脱線しました。

列車は1904年に開業した膠済線で、山東省の済南、大きな工業都市である淄博、青島などの都市を結ぶ長年の動脈でしたが、現在、済南と青島とを結ぶ快速列車を建設中。オリンピック前には出来上がる計画で、現在の路線は貨物専用となる予定だったといいます。

現在、胡錦涛国家主席、温家宝首相自ら指揮、救援ならびに事故原因の究明にあたらせているということです。

80428d.jpg

Weird News | EDIT


 | HOME |