2007.08.22 (Wed)

豊胸した胸が蜂に刺されてぺっしゃんこ

70823a.jpg南方都市報
豊胸手術を受けた女性が、胸を蜂に刺され、膨らませた胸がぺしゃんこになるというできごとがありました。

女性は台湾の苗栗県に住む31歳で、三年前に生理食塩水バックを使った豊胸手術を受けていました。この女性が先日、上はキャミのみでオートバイに乗り、友人宅に訪れる途中、蜂に右胸を刺されたのだそうです。
刺された当初は痛みもなく、気にもとめなかったという女性ですが、帰宅して右胸が真っ平らになっていることに気づき、呆然。病院に訪れました。

彼女を診た曾鼎昌医師によると、きわめて珍しい事故で、彼女がもともと痩せていたところに胸にバッグを詰めたため、外皮が引っぱられて薄くなり、そこに蜂が一刺し、風船を針で突いたのと同じような状態になったのだそうです。
バッグから漏れた生理食塩水は人体には無害。また瞬間的な圧力には200キロまで耐えられるという医師の説明ですが、現実に蜂の一刺しでわずか一日の間に右の乳房を失ってしまった女性は泣くに泣けず。
曾鼎昌医師は女性に、再度豊胸術を受けた際には乳房にあわせて体もふくよかにするよう努め、ヨガや鍼灸など胸に負担がかかるものは避けるよう指示したとのことです。

Tags : 豊胸 | 台湾 |

Weird News | EDIT


 | HOME |