2007.06.20 (Wed)

媚薬を飲まされ強姦された少女が意識不明。媚薬内に混入された劇物が原因

70620i.jpg海南特区報
海南省文昌市で、強姦され、意識不明となった少女が使用したとみられる媚薬のなかに、劇物の氢化钠成分(sodium hydride―水素化ナトリウム)が混入していたことがわかり、文昌市では市内全域の「夫妻用品店(アダルトショップ)」に対して当分のあいだの営業停止を通達しました。

事件は15日の夜10時頃おこったもので、文昌市会文鎮に住む女性、陳さんと飯店でテーブルをともにしていた男が、陳さんがトイレに立った隙にコップの水にアダルトショップで購入した媚薬を混入。
トイレから戻った陳さんがそれを飲んで朦朧としたところで、男は陳さんを抱えて外に出、市内のレンタルームに連れ込み、服を脱がせて強姦しました。
ところが、12時をまわっても陳さんが目を醒まさず、また反応もないために男はあわて、救急車を呼び、陳さんは病院に担ぎ込まれました。

警察で男の供述をとったところ、男が媚薬をアダルトショップで購入したことを述べたことから、その媚薬を成分分析したことで、氢化钠成分が混入していたことが発覚した次第です。
この成分は100から200mgの摂取で致死量となり、またそれより少ない場合は酸欠を起こさせ、その朦朧とさせる効能が媚薬として用いられたものと警察ではみています。

陳さんはまだ意識不明の重体。アルブミンの投与が急がれますが、文昌市の病院ではいずれも在庫がなく、現在ひろくアルブミンの提供を募っています。
また、陳さんは強姦された際に処女膜も喪い、下半身は出血のひどい状態でした。

市内のアダルトショップはいずれも一間ほどの狭い店が多く、繁華街に多いとはいえ、近場に小学校がある場所も少なくありません。また露天などでこうしたアダルトトイや媚薬などを売っているケースも多々あり、いずれも規制を受けていないのが実情です。また媚薬やドラッグなどは、効能や成分なども明示されておらず、ほとんどは製造元の記載もないということです。

Weird News | EDIT


 | HOME |